趣味 TVゲーム モンスターファーム2

【モンスターファーム2 switch アプリ 攻略】なるべくラクして全種族レアモンを殿堂入りさせる~7体目 ゼブランナー(ロードランナー種)~ ※ネタバレ注意 

前回のキンゾーは、寿命が足りず、全ての技を覚えさせることができず、しかも、能力値も合計4800に届かず、少し残念な結果になってしまいました。

【モンスターファーム2 switch アプリ 攻略】なるべくラクして全種族レアモンを殿堂入りさせる~6体目 キンゾー(スエゾー種)~ ※ネタバレ注意 

続きを見る

成長段階に応じて、適切なトレーニングができなかったのが敗因です。

ずっと重トレが必要になるようにトレーニングを組めばよかったです。

せっかくのキンゾーなのに、思ったように強いステータスに育てられなくて、申し訳なかったです。

 

そして、今回はロードランナーのレアモンである「ゼブランナー」を育ててみました。

あまり、レアモンという感じがしないレアモンですが、果たしてどういう風に育ったのでしょうか。

 

モンスターファーム2

モンスターファーム2

KOEI TECMO GAMES CO., LTD.¥2,820posted withアプリーチ

ルール

・全種族それぞれのレアモンを最低1種殿堂入りを目指します(レアノラモン等も含む)。

・お金とアイテムは引き継ぎます。

・週送りは極力しませんが、二大陸対抗戦やケアレスミスで四大大会等の重要な大会をすっ飛ばした際はします。

・殿堂入りを目指しながら、全イベントを発生させ、隠しモンスターを全て出します。

・殿堂入りをして、生きた状態で育成を終えるようにします。

・黄金モモと白銀モモは必ず取ります(最低冒険に一回は出ます。)。

 

ステータスとダイジェスト

0歳時

https://w.atwiki.jp/mf2_matome/pages/158.html#%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC より

「「ゼブラーマン」オリジナル・サウンドトラック/サントラ」で出現させました。

名前は某ちゃれんじ雑誌のキャラクターから取りました。

直感です。

 

特殊個体の強レアモンなのだが、どこか心もとない初期能力です。

特に、防御面が貧層です。

適正もバランスがいいのですが、とがった適正が少なく、丈夫さの適正がDなので、果たして強く育つのでしょうか。

不安が残る初期ステータスですね。

 

ピーク中の「油草ローテ」の間は、エサを「サカナもどき」にしたかったので、嫌いが「サカナもどき」と「ビタミンもどき」以外であれば、なんでもよかったです。

 

もっといい技を覚えていて欲しかったです。

ワル技なのはいいが、性能がイマイチです。

 

もう言ってしまいますが、初期技の「砂アタック」という技は育成中1回も使いませんでした。

 

とある事情で金策をしてましたので、余ったお金で小屋を最大級にしました。

コルトちゃんは小屋を大きくしたら、ストレスが減るとか休養した時により回復したりするとかメリットを言いますが、そんなことは一切ないです。

 

堂々と嘘をついてます、この子は。

かわいいから許します。

小屋を大きくしたのは、半分自己満足です。

 

育成は3月1週目にスタートしており、翌月の4月に修行に行かせて、「ファイアボール」を覚えさせました。

 

そして、6月4週目にD公式戦に出て、「ファイアボール」の使い込みをしました。

この時点で、18回使いました。

 

1歳時

ローテーションは「軽休軽重」でエサは「ビタミンもどき」を与えていました。

命中の適正がBでしたので、重トレに変動ゆか、軽トレをしゃてきでトレーニングさせてました。

 

5月4週(1歳2ヵ月)に成長段階が2段階を迎えました。

 

2歳時

成長パターンが晩成なので、1段階がすごく長かったです。

トレーニングは1歳時までと同じで、重トレに変動ゆか、軽トレにしゃてきをしてました。

 

8月4週目(2歳5ヵ月)から成長段階が3段階を迎えました。

 

寿命が少し短かったのと、体型を「激ヤセ」にするために、9月2週目(2歳6ヵ月)から「油草ローテ」を始めました。

「ふたごの水差し」を8つ所持していましたので、エサを「サカナもどき」でもローテが組めましたので、早い段階から始めました。

 

重トレを変動ゆか、軽トレを巨石よけにして、回避重視で鍛えました。

 

3歳時

B公式戦をラクに突破すべく、回避をとがらせました。

 

 

ステータス的には、B公式は余裕だと判断したので、3月4週目(3歳0ヵ月)にB公式に挑みました。

全勝の上に、「ファイアボール」を32回使ったので、見事に使いこみを達成しました。

 

その翌週の4月1週目(3歳1ヵ月)に修行に出して、超必殺技である「ファイブボール」を覚えさせました。

モンスター甲子園で人気のあった「パニッシャー」と遭遇しました。

現時点では到底勝てないので、逃げました。

 

6月1週目(3歳3ヵ月)に使いこみが必要な技である「ロールアタック」を覚えさせました。

正直、「ファイブボール」は要らなかったですけど、「ロールアタック」を覚える上では、避けては通れないので覚えさせました。

 

10月4週目(3歳7ヵ月)で4段階を迎えました。

 

2月3週目(3歳11ヵ月)からは、回避が目標値に達したので、ピークになるまでちからを伸ばしました。

 

4歳時

回避が目標値に到達しそうになったあたりから、「軽休軽重」のローテに切り替えて、回避のトレーニングを減らしました。

 

 

2月2週目(4歳11か月)にピークに入るまでは、ちからを鍛えてました。

ピーク入りをしてからは、「油草ローテ」に切り替えて、丈夫さ重視でトレーニングをさせました。

 

エサは節約のため、「サカナもどき」です。

やっぱり、お金の節約のためにもふたごの水差しは最低8個は持っておいた方がいいですね。

 

5歳時

ピークに入るまでの間にちからが300近く伸びました。

成長段階が4段階となると、けっこうステータスの伸びがいいですね。

 

2月2週目(5歳11ヵ月)にピークから1年経ちましたので、黄金モモを投与しました。

 

 

6歳時

1年間ずっと、丈夫さばかり鍛えてました。

 

6歳になってからは、重トレをめいそう、軽トレを走り込みに切り替えました。

ライフがどうにも心もとなかったからです。

ただ、走り込みが得意トレのおかげで、ライフの伸びがかなり良かったです。

 

8月2週目(6歳6ヵ月)に黄金モモ投与から半年が過ぎたので、白銀モモを投与しました。

 

1月1週目(6歳10か月)でライフがいい感じに伸びてきたので、軽トレを猛勉強にして、かしこさ重視のトレーニングに切り替えました。

 

7歳時

めいそうでかしこさを重点的に伸ばした分、丈夫さの下がりが大きいです。

その分、バランスのいいステータスとなりました。

 

 

4月2週目(7歳1ヵ月)から、重トレを重り引きにして、軽トレをしゃてきにしました。

かしこさにかんしては、大会後の能力上昇で750には届きそうなので、トレーニングを切り替えました。

 

7月3週目(7歳4ヵ月)に長い長いピークが終わり準ピークになりました。

 

人気が足りないことに気づいたので、スタープルーンを投与して、7歳の10月にパレパレジャングルに冒険に出かけました。

黄金モモを取るためですね。

 

8歳時

ステータスはバランスよくどれも高い数値になってきました。

 

寿命が400週を越えるモンスターで、晩成型のタイプを育てたのは初めてでしたので、寿命がどこまで続くのか不安なところがありました。

 

3月1週目(8歳0か月)からは重トレを変動ゆか、軽トレをしゃてきでトレーニングさせてました。

 

3月4週目(8歳0ヵ月)にS公式に出ました。

同族対決も圧倒的ステータス差で凌駕しました。

「ロールアタック」の使い込みも兼ねており、S公式戦で17回使いこむことができました。

 

5月2週目(8歳2ヵ月)のM-1グランプリ

「ロールアタック」を8回使い込めました。

.

6月2週目(8歳3ヵ月)にシルバー杯に出ており、そこでは4回「ロールアタック」の使い込みました。

 

6月の3週目(8歳3ヶ月)からは、全週軽トレにして、俗にいう「マンゴーローテ」でしゃてきをさせてました。

 

8月2週目(8歳5ヵ月)のウィナーズ杯で8回、11月2週のワールドモンスターズ杯で7回使い込みができており、なんとか「ロールアタック」の使い込みを間に合わせることができました。

超必殺技の使い込みは本当に大変でした。

 

10月1週目(8歳7か月目)からは、命中がカンストしたので、ライフを上げるべく、走り込みをさせました。

 

12月1週目(8歳9か月)でマンディー砂漠に修行に行かせて、「かみつき」を取得させました。

 

2月1週目(8歳11か月)から、体型調整のため、「バリアメ」を投与し始めました。

 

2月2週目(8歳11ヵ月)のグレイテスト4は使い込みの技がなかったので、のびのびと戦いました。

 

3月1週目(9歳0か月)に修行に行かせて、念願の「ファイアロール」を取得させました。

「マグマハート」はシバきました。

 

9歳時

スクショ撮り忘れました。

 

なので、レジェンド杯は時のステータスでどうぞ。

ステータスは当初の目標値に達しており、ステータスに関しては完成しております。

負ける要素はないと判断して、指示なしで戦わせました。

 

多少の被弾はあれど、KOしてくれました。

FIMBA最強(笑)なのだから、攻撃くらいは多少なりとも当てて当然ですよね。

 

6月1週目(9歳3ヶ月)に寿命に不安がありながらも、修行に行かせて、「スカイファイア」を取得しました。

次に育てるモンスターである「ファイアウォール」に会って、̪̪シバいときました。

 

修行から帰ってくると、「ヤリ」を拾って帰ってきました。

優秀なモンスターであれば、当然ですよね。

 

その翌週、ファームをのぞいている怪しい視線がありました。

こっち、見んな‼

 

そして、荒ぶるジョイ君としまじろう。

 

野生の「ケンタウロス」が飛び出してきました。

もちろん、成敗しました。

この野生の「ケンタウロス」には小学生の時にプレーしていた時には、散々会ってきましたが、倒したのはこれが初めてでした。

 

そして、育成終了後、置き土産である「ヤリ」を合成の隠し味に使って、「ケンタウロス」を解放しました。

 

最終ステータスとまとめ

最終ステータス

適正の通りバランスのいいステータスに仕上がりました。

合計値も4800を越えており、バランスよく強いステータスになりました。

命中だけMAXにしたのは、適正が他のステータスよりも良かったのもありますが、覚えさせた技のほとんどが命中率が低い技だったからです。

 

3敗したのは、「ロールアタック」の使い込みのためです。

 

体型調整にも、見事に成功しました。

ワル化をさせる必要がなかったので、「激ヨイ」のまま、終始育成させることができました。

 

技は前述した通り命中率が低い大技ばかりとなりました。

あと、覚えさせた技が6つしかなく、数をかなり厳選しました。

最低でも9歳まで寿命を延ばしたかったからです。

それでも、当初予定していた技はすべて覚えることができたので、満足です。

 

ただ、技の種類が多いロードランナーとしては、技の数が物足りないと思われる方もいるかもしれません。

 

「ロールアタック」こと飛鳥文化アタックですよね。

クリアタイムにどれだけ影響を与えたか定かではないが、殿堂入りをきちんと果たせてよかったです。

 

まとめ

ステータスが予定していた以上に伸びてよかったです。

 

育成開始当初は、ちから、かしこさ、回避は700くらいあればいいかな程度に考えてましたが、思った以上に伸びて、それぞれ800まで伸びるとは思いもしませんでした。

でも、9歳まで生きるモンスターは大体合計値が4800くらいまで伸びるから、合計値から逆算して、どのステータスをどれくらい伸びるかを想定してもよかったかもしれないです。

 

あと、命中率が悪い技が多いので、命中のステータスはカンストまでもっていきたかったのですが、予定通りカンストできたのも良かったです。

 

そして、技を6つに厳選したおかげか、9歳4ヵ月まで生きたのには驚きました。

正直、育成前は9歳まで生きるかどうか、かなり不安でした。

寿命のロスが全くないのであれば、寿命が400週と言えど、もう一つくらい技を覚えさせる余裕がありそうですね。

いい指標を得ることができました。

 

今回は、体型調整も忘れることなくできて、ステータスとしては無駄な増減もありませんでした。

 

よって、今回の育成は大満足でした。

 

おまけ

実は、このモンスターを育てる前に、ビークロンを解放させるべく、ワームを育ててました。

 

エサはビークロンに羽化させるべく、「ゼリーもどき」ばかり与えていました。

 

マークを集めて、2体目の「ガァー人形」をゲットしたので、前のモンスターの冒険時に手に入れた「万能のり」でくっつけました。

これを合成の隠し味に使って、ダックンの解放ですね。

 

そして、4歳の6月4週に疲労なし、ストレスほぼなしの状態で迎えたら、羽化をし始めました。

無事、ビークロンに羽化しました。

これにて、ビークロンの解放に成功しました。

ついでに、金策もしてきました。

 

 

長文読んで頂きまして、ありがとうございました。

引き続き、モンスターファーム2の記事は上げていこうかと思いますので、読んで頂けると幸いです。

では、次のモンスターファーム2の記事でお会いしましょう。

 

★育成方法で参考にしたサイト:

:href="https://w.atwiki.jp/mf2_matome/">https://w.atwiki.jp/mf2_matome/

 

以下、今回の育成で条件を満たした隠しモンスターです。

レアノラモンとレジェンド杯のモンスターを含みます。

解放した隠しモンスター

・ファイアウォール(ノラモン)

・パニッシャー(ノラモン)

・ダックン

・ビークロン

・ケンタウロス

残り13体

モンスターファーム2

モンスターファーム2

KOEI TECMO GAMES CO., LTD.¥2,820posted withアプリーチ

 

 

-趣味, TVゲーム, モンスターファーム2

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5