業務報告 海外生活 フィリピン 日報

ダイエット明けに食事をエンジョイする

やっぱり、インプラントの失敗が萎えているあつなりです。

 

失敗したのが、日本だったらまだいいですよ。

ここはフィリピンですよ。

そして、この先もずっとフィリピンに住む保証がない以上、長引かせてたとなると困る。

最悪、帰国までに間に合いませんでしたとかなったら、目も開けられんわ。

再手術は3ヶ月後というわけなので、次の手術も失敗したら、どうしてくれようか。

リアルぬけさくみたいな形で生きていくことを余儀なくされてしまう。

しかも、調べてみたのですが、インプラントの手術は10%くらいの確率で失敗するし、再手術時も5%くらいの確率で失敗するものらしい。

なんだか綱渡り的な感じの様相をしてきたぞ汗

 

今朝、体重計ったら、80.4kgになってました。

前日まで81kgで止まっていたので、それが、すとんと落ちた感じである。

ダイエットあるあるで、体重の停滞期を迎えたと思ったら、すとんと落ちるヤツですね。

いつかは、体重が落ちる日が来るだろうとは思っていたが、ダイエット終了の翌日に来るとはいいことだ。

 

そして、ダイエット明けの一食目はこれである。

簡単に作れて、チーズが食べられる素晴らしい朝ごはんである。

ただ、IHなので、パンを焼くのとは相性が悪いようだ。

表面がすぐに焦げてしまう。

中のチーズがとろけるような理想的な仕上がりにならないのが残念である。

味は美味い。

 

昼ご飯、ひとりで韓国焼肉の食い放題に行こうかと思ったが、食べ放題を楽しめるほど、お腹が空いていなかったのと、医者から、熱いのと辛いのは止めとけ、とクギを刺されていたので、これにした。

豚肉を蒸して、焼いた何か。

名前は忘れた。

でも、この豚肉が好きなんだよなぁ。

ちょうどいい柔らかさで、スプーンでも簡単に切れてしまう。

クォーターで足りるかどうか不安だったが、つけあわせのチーズィーなマカロニやガーリックオイルで焼いたパンがボリューミーだったので、ちょうどよかった。

ダイエットが終わったからと言って、暴飲暴食に走っていないあたり、今回のダイエットが成功だったということがうかがえる。

 

晩ご飯は、かねてから作りたかった親子丼を作った。

どうですか、みなさん。

フィリピンで作ったとは思えないクオリティの高さとは思いませんか?

これで、日本食屋に行く理由がまたひとつ減りましたね。

ちなみに、レシピは毎度おなじみ、この方のレシピを参考にしました。

白だしはめんつゆ、みりんはリンゴジュースで代用しました。

それでも、めっちゃ美味かった。

ただ、鶏もも肉に骨が混入していたのは萎えてしまった。

骨がない鶏肉が普通に売られているというのは、カナダやオーストラリア、日本といった国々の特権なのでしょうかね。

 

昔、知人から「自炊ばかりしていると、結婚できへんで。」と言われたことがある。

そうか、だから、未だに僕は独身なのか。

というか、今のご時世、野郎にも家事スキルが求められている時代だから、まぁ、いっかと思ったりする。

-業務報告, 海外生活, フィリピン, 日報
-,

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5