業務報告 海外生活 フィリピン 日報

日本に産まれてよかったと思うのは卵を生で食べている時

料理動画にハマっているあつなりです。

 

やっぱり好きなんですよね、料理。

ダイエット中なのに、料理動画を観るとストレスたまりそうと思う方がいるかもしれない。

でも、僕はそうではないようで、料理のレパートリーが増えるのは単純に楽しい。

 

ダイエッターもそうだが、ボディビルダーとかって、料理をする人が多いと思うんですよね。

だって、外食や市販の料理だと十分な栄養が取れなかったりするから。

だから、ダイエットとか筋肉を増やすとか考えると、避けて通れないのが料理なのかなと思ったりする。

 

でも、観ていると日本みたく四季がある国っていいですよね。

食事が好きな人間からしたら、旬があるというのはすごく楽しいことである。

秋だからサンマとか、冬だから鍋とか料理に色を添えてくれるじゃないですか。

そういうのって、人間の感性にとって、大事なことだと思うんですよね。

なんだか、四季のありがたさを常夏の国、フィリピンに来て、初めて実感しました。

海外生活4年目とは言え、カナダとオーストラリアは四季があったから、そういう四季に感謝という気持ちが湧いてこなかった。

これもいい経験である。

 

あと、TKG(たまごかけご飯)は食べたい。

これだけは、日本じゃないと食べるのが困難だから。

タッパーを用意して、しょうゆとみりんとかを入れたところに卵黄を落として漬けたまごを作りたい。

それで、ご飯を食べられたら、「いつか、ティファニーで朝食を」顔負けの朝ごはんができそう。

こういうのすごくいい‼

実は、ここにあるニラダレみたいなものを学生の時にダイエット中に作ったことがある。

朝、鶏むね肉をレンジで蒸したものに、ニラとか諸々を混ぜたタレをかけて食べてました。

今、思えば、そんな手間がかかることをよくやっていたなぁ。

あの時は、若かった…。

味噌汁を味わえるだけでも、日本に産まれてよかったと思うが、それ以上に卵を生で食べられる方がより感謝すべきだと思ったりする。

 

ダイエットが終わったら、パスタ料理と朝ごはんのレパートリーは増やしたい。

まぁ、とにかく今はダイエットに専念したいところである。

 

 

とか、言いつつ昼間は普通にビビンパを食べていたりする。

韓国人オーナーが手掛ける石焼のビビンパはマジで美味い。

おこげがたまらん‼

 

猫が親子でいるところを初めてみた。

愛くるしいなぁ。

 

ダイエットが約束されたと言っても過言ではない、「沼」を食う。

ちなみに、昼間のビビンパと「沼」以外では、プロテイン1杯と朝のオーツミールでしかカロリーを摂取していません。

カロリー計算していないけど、ざっくり1800kcalくらいにおさまっていると思う。

変にカロリー計算や体重とか気にし出すと、ストレスがたまっちゃうんですよね。

だから、やらない。

-業務報告, 海外生活, フィリピン, 日報
-,

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5