業務報告 海外生活 フィリピン 日報

日本のプロテインが恋しい

プロテインを飲んでて、日本の食事が恋しくなったあつなりです。

 

海外のプロテインって、結構、マズいんですよね。

人によっては、「こんなもの、飲めるか‼」っていう人が出ても、おかしくないレベル。

そんなプロテインを間食代わりに飲んでいるのだが、あれが恋しくなってくる。

そう、プロテインバーである。

ちょっと写真が古いけど、こういうヤツ。

ウィダーのプロテインバー好きだったなぁ。

特にベイクドチョコが大好きだった。

あんなしっとり食感の中にたんぱく質が10gも入っているなんて信じられない。

少なくとも、フィリピン人は信じられないだろう。

しかも、それが100円ちょっとで買えるから、さらに驚きである。

 

プロテインバーに限らず、プロテイン自体がもはや美味い。

僕はbe-Legendというブランドのプロテインを愛用しているのだが、もはや清涼飲料水ですよね。

https://belegend.jp/

それくらい飲みやすい。

ダマにもなりにくいし。

 

それに対して、海外のプロテインは味もそんなに良くなければ、ダマにもなりやすかったりする。

その分、栄養価はめちゃくちゃ良さげなんだけども…。

あと、海外のプロテインには致命的な欠陥があって…。

それは、お腹を壊しやすいということである。

日本人にはどうにも海外のプロテインは合わないらしい。

どうにも、含まれているたんぱく質が日本人にとっては分解しにくいものだったりとかそんな理由だったと思う。

 

最近だと、マイプロテインっていうのが流行っているらしいが、これは値段がちょっと高めなので、デイリーユースでがぶがぶ飲めないから、あまり買いたくない。

https://www.myprotein.jp/

ちなみに、フィリピンでも買える。

 

だから、一番コスパがいいのが、日本から直接プロテインを持ち運ぶことなんだけど、それだと量が持ち運べないんだよなぁ。

となると、結局、こっちの下痢になるリスクが高いプロテインに甘んじるしかないんだよなぁ。

 

日本人が海外でバルクアップするって、食環境にしろ、プロテインにしろ、難しいと僕は思う。

 

 

 

今日、体の調子が最悪だったので、モンエナを飲んだ。

僕は、ダイエットが成功してからは、なるべくノーシュガーとかノーカロリーの清涼飲料水を飲むようにしている。

そんな話してたら、日本のコンビニで売っている緑茶やブラックコーヒーが恋しくなるやろがい‼

いい加減にしろ(?)‼

 

米を炊いたら、かつてないくらいもちもちに仕上がった。

もはや、もち米を思わせるくらいのもちもち具合に驚いた。

これが、インスタントポットのポテンシャルなのか…?

まぁ、圧力鍋だからね。

 

マックスで16合まで炊けると言ったけど、美味しく炊き上げたいのであれば、14合くらいがいいのかもしれないですね。

【驚異】インスタントポットでできるやさしい米16合の炊き方

続きを見る

今度、試してみます。

-業務報告, 海外生活, フィリピン, 日報
-, , ,

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5