業務報告 海外生活 フィリピン 日報

1ℓの…

 

f:id:A28_K:20191205214153j:plain

1日16時間は寝ているであろうあつなりです。

 

相変わらず病床に伏してます。と言っても、昨日まではなんとか会社に行ってたんですけど、もう、限界。

泣く泣く少ない有給を使うことにした。マジで使いたくなかった。しかも、風邪ではなく、薬の副作用で。

 

薬の副作用、副作用と言っているが、本当にそうなのだろうか。実は、もっと重大な病に体が侵されているのではないか。そんな気もしなくはない。

 

今の状態として、喉の痛みはだいぶと治まってきた。普通の風邪に比べて、遥かに治りが遅い分、風邪ではないように思われる。

あと、首の周りにしこりのようなものが出来始めた。寝すぎが原因なのか、副作用が原因なのか定かではないが、結構痛い。

尿が赤褐色をしている。これも、薬の副作用に書いてあった。というか、薬の副作用をほぼほぼ全てなぞっているような感じがする。

食欲はだいぶと戻ってきたが、限界とまではいかない。普段よりも食欲がないのは明らか。

体の調子も大分と戻ってきたが、全快とまではいかない。というか、喉が痛い時点で、全快なわけがない。

 

1日16時間も寝ているせいか、汗をかく量が尋常ではない。尋常ではない寝汗である。寝汗だけで、軽く1ℓは流しているんじゃないかと思う。

普通の風邪であれば、それでオッケーなのに今回の場合は全然違う。

 

結論、風邪ではない。そして、今までのインフルエンザとか風邪とかそういう系の病気に比べて遥かに辛い。

 

海外の薬の怖さを思い知らされた。

でも、年末に思い知らさんでもええんとちゃうかな⁉︎

-業務報告, 海外生活, フィリピン, 日報

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5