スポンサーリンク

海外生活 ワーキングホリデー

【保存版】お土産にどうですか?カナダ発祥の有名ブランド【ワーキングホリデー】

旅行に行った際にお土産は買いますか?

旅の思い出ですので、購入する方が多いかと思います。

ましてや、ワーキングホリデーみたいな長期滞在となると、菓子類だけではなく、何か形に残るようなものが欲しくなってきます。

 

そこで今回は記念品や普段着に最適になりそうなカナダ発祥の有名ブランドを紹介していきます。

 

この記事でわかること

・カナダ発祥のブランド
・カナダのみの限定グッズを手に入れる方法

カナダ発祥のブランド

ルーツ Roots

f:id:A28_K:20201023163708j:plain

1973年にカナダのトロント発祥のファッションブランドです。

ビーバーのかわいらしいロゴが特徴的で、カナダっぽさがあふれる温かみのあるデザインの服が多いです。

メンズ、レディースだけでなく、キッズや小物類と幅広く展開されており、お土産として買っていくのはもちろんのこと、普段着として着るのにも最適です。

 

カナダだと街中で歩いていれば、着ている人を見かけない日はないくらいカナダを代表するファッションブランドです。

有名人で言えば、歌手のエド・シーランが愛用していることでも有名です。

 

ちなみに、Rootsは日本未展開のブランドです。

www.roots.com

カナダグース CANADA GOOSE

f:id:A28_K:20201023163731j:plain

1957年にトロント発祥のファッションブランドです。

日本でも店舗展開しており、高級路線を貫いた冬物のアウターで有名です。

値段は少しお高めですので、お土産や普段着として買うのであれば、ニット帽やマフラー等の小物類を買うと良いでしょう。

 

また、カナダは日本に比べて遥かに寒い国なので、アウターの保温性が日本で売られているものに比べて高くなっております。

あつなり
カナダで買ったカナダグースのアウターを日本で着たら、アウターの下はシャツ一枚でいいくらい温かいらしい。

www.canadagoose.jp

ルルレモン Lululemon

f:id:A28_K:20200914211137j:plain

1998年にバンクーバーで発祥した新しめのブランドです。

めちゃイケで岡村隆史氏が扮していたオカレモンみたいな名前のブランド名です笑

しかし、デザインはすごく洗練されており、他のスポーツウェアとは一味違うオシャレなものが多いです。

f:id:A28_K:20200427204541j:plain
オカレモン

日本では、マットやローラー等のヨガ関連のグッズで有名ですが、それ以外にもジムウェア等も展開しております。

 

将来はアディダスのようなビッグブランドを目指すとのことですので、今後の動向が気になるブランドであります。

 

僕もヨガマットとローラーは愛用させてもらっていますが、デザインが良くて、汗臭さも全くないのですごく気に入ってます。

www.lululemon.com.hk

オーヴィオー OVO

f:id:A28_K:20201023164225j:plain

トロント出身の超人気ラッパーであるドレイクがプロデュースする新興ブランドです。

フクロウのロゴが特徴的で、デザインは全体的に都会チックで大人っぽさを漂わせるようなものが多いです。

 

このブランドはすごく人気があり、新商品が出ると1時間も経たない内に売り切れてしまうことがよくあります。

特に有名ブランドとのコラボが絶大な人気を誇り、日本が誇る現代美術家である村上隆氏とのコラボグッズは即売でした。

f:id:A28_K:20201023163500j:plain

ca.octobersveryown.com

ティムホートンズ Timhortons

f:id:A28_K:20201023164540j:plain

1964年にオンタリオ州発祥のカナダを代表するコーヒーチェーンです。

カナダに3,000店舗、アメリカにも600店舗展開しており、フィリピンにも出店しています。

 

スターバックスと同様にボトルやカップ等のコーヒー関連のグッズが売られており、お土産には最適です。

 

ちなみに、Timhortonsは日本未上陸です(2020年10月時点)。

www.timhortons.ca

カナダ限定グッズ

f:id:A28_K:20201023171929j:plain

ここで紹介したブランドは日本でも展開しているものが多いです。

 

お土産として買うなら、当然カナダでしか買えないものを買いたいものですよね。

そして、これらのブランドのグッズの中にはカナダ限定で売られているものだってあります。

 

地域限定品

OVOなんかはカナダ以外にもアメリカやイギリスにも事業展開しており、昨年では日本にも事業展開を始めました。

しかし、オンラインサイトを比較してみると、国によって売られている製品と売られていない製品があります。

 

ちょっと難しいですが、日本のオンラインサイトや情報を比較して、カナダ限定のグッズを手に入れることは可能です。

 

一部コラボ品

OVOなんかは特にそうですが、これらのブランドは他の有名ブランドとコラボをしたりすることがあります。

しかし、コラボグッズがカナダ国外でも同じように展開されているとは限りません。

OVOで言えば、日本でも人気のあるブランドであるBAPEとのコラボが日本では展開されませんでした。

 

限定品と同じくオンラインサイトやネットの情報を元に比較すれば、日本では売られていないレアなコラボグッズを手に入れることができます。

f:id:A28_K:20201023163325j:plain
OVOとRootsのコラボはカナダ限定のレアもの

 

あつなり
気になったブランドがあれば、Twitterかインスタグラムでフォローしてチェックしよう

 

 

いかかでしょうか?

中には、知っているブランドもあったのではないでしょうか?

日本でも売られているブランドはありますが、ネット等の情報を頼りに調べれば、カナダ限定のレアなグッズを手に入れることも可能です。

そして、日本に帰国後もファンになれるブランドが見つかれば、最高ですね。

 

この記事がワーホリを検討している方々の参考になれば、うれしいです。

スポンサーリンク

-海外生活, ワーキングホリデー

© 2021 あつなりメディア Powered by AFFINGER5